ブログ

  • スタッフブログ

2022.08.21

自律神経ってどんなもの?

こんにちは!T2conditioning片山です(^^♪

 

 

今日は題名通り自律神経についてお話します。

 

雑誌など、最近様々な本にも自律神経

 

という言葉が多く使われるようになりました。

 

皆さん自律神経とはどういうものかご存じでしょうか?

 

今日はまずそこからお話します♪

 

 

 

 

 

まず自律神経というのは「動け〜!」意識して動くものではありません。

 

例えば私たちが生きていく上で必須な心臓。

 

心臓に関しても自分の意思で止めたり動かしたり出来ませんよね?

 

自律神経とはこのように、呼吸や血液の流れ、体温調節、消化、排泄、免疫などを

 

無意識の中で調節しています。

 

 

自律神経とは交感神経副交感神経2つに分かれています。

 

交感神経は緊張していたり、ストレスを感じているときに働く神経で、

 

筋肉や関節をかためて体を守る役割をしています。

 

反対に副交感神経は、体がリラックスしているときに出る神経で、

 

疲労回復させる効果や怪我の治りを早くしてくれる効果があります(^^)

 

どちらも場面によって上手く調節できなければいけません。

 

このバランスが崩れてしまうと、

 

倦怠感、疲労感、頭痛、めまい、不眠、肩凝りなど…

 

人によって個人差はありますが、このような症状が出てきます。

 

 

 

当院に来院される患者様はこの自律神経のバランスが崩れて

 

体の不調を訴えて来院されることが多いです。

 

まずは施術でこの自律神経のバランスを整えます。

 

当院で行っているNMT治療とは、硬い筋肉を「ほぐす」のではなく、

 

こわばりや動作に問題を起こしている筋肉や関節を

 

神経や脳の働きから「弛める」ための低刺激なマッサージ静的ストレッチを行っています。

 

これを行う事で自分自身の体を回復させてくれる機能を向上さていきます!

 

そうすると、ほとんどの不調や痛みは取り除く事ができます。

 

 

痛みや不調が無くなったから終わりという訳ではありませんよ!

 

この先の体の機能を改善させてあげる事がすごく大事です!

 

ここで終わらせる治療院や、接骨院が非常に多いんです。

 

良くなってしばらく経ってからまた痛みがでて

 

また痛みが引くまで接骨院通い…

 

これによって不の循環が起こるんです(._.)

 

私も学生時代は痛みが出たら接骨院に行き、

 

痛みが引いたら行かなくなるの繰り返しでした。

 

学生時代の大切な時間やお金をかけてきました(+_+)

 

繰り返し痛みを起こさない為にも、

 

体の不調をしっかり診ていく必要があります!!

 

その場しのぎで時間やお金をかけるより、

 

長期的に不調が出ない体を作りませんか?

 

ご連絡お待ちしております(^O^)/